原状回復の不要なマンスリーマンションで出張費用を抑えて快適な仕事を   no comments

Posted at 4:59 am in

宿泊を伴う出張の場合、ほとんどの方はホテルを予約して泊まっていることだと思います。しかし長期出張の場合には費用的にも、快適さでもマンスリーマンションを契約した方が良いことが多いものです。マンスリーマンションは家具や食器類が備え付けであることが多く、光熱費も月料金に含まれていることがほとんどです。実際に入居してみると暖房効率が悪いからストーブを買うといった追加で購入するものがあるかもしれませんが、追加があるにしてもトータルの金額ではホテルに10泊から20泊することを考えれば安価になります。原状回復工事に必要な敷金や礼金はほとんどの場合必要ないので、月使用料だけで契約することができます。またホテルの場合、ベッドメイキングなどで決まった時間に清掃係が入ってきます。長期出張では勤務時間どおりの勤務体系は難しく、徹夜作業やシフト勤務で決まった時間にホテルに出入りができないことも多いでしょう。そんなときにベッドメイキングのために起こされるのは苦痛になります。ホテルは場合によっては入出時間が定められていることもあります。そしてホテルのシングルルームよりも部屋は広いので、休日や帰宅後の安らぎはホテルより快適に過ごせるでしょう。出張で利用するマンスリーマンションというものは、原状回復のいらない長期出張をする人にとりましては、とても利用価値が高いものと言えます。では、具体的には、どのような部分でメリットが高いと言えるのかと申しますと、やはり、通常のマンションと同じような感じの部屋のつくりになっておりますから、とても長期で利用するには、環境が整っているのです。まずは、キッチンになります。普通のホテルでの宿泊になりますと、まず、キッチンは付いておりません。ちょっとしたキッチンが付いていることにより、長期での出張時には、料理をすることができるわけです。ホテルでの宿泊が長くなりますと、どうしても、外食中心となってしまいますし栄養バランスというものが崩れてしまいがちです。これが、マンスリーマンションの利用になれば、料理をすることができるので、栄養バランスの調整をすることができるわけです。さらには、マンスリーマンションであったり、ウィークリーマンションの場合ですと、玄関部分以外は、全て、土足禁止になっている部屋が多いですから、衛生面でも確保することができるのです。ですから、部屋の中でベッドの下でも横になってくつろぐことができるので、とてもリラックスできるのです。

Written by admin on 1月 31st, 2013